on the mat

マットの上に、その人が表れると言います。

 

例えば、完璧(完成?)主義だったり、周りのみんなと合わせてしまったり、逆に諦めてしまったり。

 

手が届きそうで、でもやってみると実は全然簡単じゃなかったりするポーズ、そんな時ってこの「自分」がよく出現します。 

それを発見するのが、とっても貴重な、大切な過程です。

 

最近少しやったポーズがそれだったり。

どうだったかな〜?気が付いているかな?

 

そして、マットの上じゃなくても、ヨガや、周囲の人に対する態度にも出たりするので面白いですね(^^)

ひいては、自分自身に対する態度かも。

どうでしょうか。

 

私は、昔、ポーズが「できる」ことが、何かステータスと勝手に感じていて、

でも、手すら届かないすごいポーズを見た時に、そのステータスと感じていた感覚が剥がれ落ちました。

で、どうなったかというと、いい意味でヨガ全体のレベルが上がったんだと思います。

自分を知ること、それこそが何かの糸口だったりします。

ポーズ以上に深いね。

ヨガ教室検索はYOGA ROOM

このwebsite は、PCでの閲覧推奨です

 

(C) 2015 ryoyoga

無断転載はご遠慮ください